千葉県公安委員会許可 第441070002161号 株式会社ピーシーエキスパート

トラブル事例 No.116

今までインターネットエクスプローラーを使っていたのですが、ある日突然グーグルクロームと言うブラウザが開くようになってしまいました。どうにかグーグルは削除は出来たのですがメールで送られたURLをクリックすると「このコンピューターに設定されている制約の為、開きません」と表示されてしまうのですが何が原因でしょうか?


インターネットの画面を閲覧するプログラムを「ブラウザ」といいInternet Explorer やGoogle Chrome、Firefoxなどが代表的です。
これらは、無料であるのが一般的で、さまざまなWebページにて、ユーザーにインストールを促すボタンが目だって表示されるので、誤ってインストールしてしまうことがしばしばです。
同じ機能を有するプログラムがインストールされるとパソコンは既定で利用するプログラムを判断できなる場合があります。お困りの症状はおそらくGoogle Chromeインストールのチェックボックスに「このブラウザを規定にする」でインストールした可能性があります。またこの状態のまま再びGoogle Chromeを削除するとパソコンは規定で使うブラウザを見失ってしまいます。このためメール文中になどにあるURL(ハイパーリンク)をクリックしても表示されなくなってしまいます。

様々な修理方法があるようですが、パソコンを壊しかねないレジストリを編集しない方法は以下の通りです

削除したブラウザを再インストールする
使い慣れたブラウザを開く
ツール→インターネットオプション→プログラム→規定のWebブラウザ→既定に設定
上記作業でお客様のお困り症状は改善する可能性があります。

この作業で直らない場合はピーシーエキスパートにご相談ください。
決してレジストリなどの編集はなさらない事をお勧めします。

閲覧回数:889回
解決しない時は私達におまかせください!豊富な経験を持つ熟練技術者がすばやく原因を把握しトラブルを解決します。0120-501-653 受付時間:10:00~18:00 定休日:毎週日曜・祝日

当社のおすすめサービス

デスクトップPC・液晶一体型PCの修理サービス

他店で断られたデスクトップパソコン・液晶一体型パソコンの修理もおまかせください!

古いパソコンの修理サービス

DOSマシンやWindows95マシン、制御用のファクトリーパソコンなどメーカー部品保有年数を過ぎた古いパソコンでもあきらめずに修理いたします!

天板塗装

多少のすり傷があっても、耐久性抜群のウレタン塗装により、純正をも凌ぐ光沢が得られます。

データ復旧

Windowsが起動しなくてもデータを救出することができます!

メモリ増設

パソコンにメモリを増やせばスピードアップにつながります。
サイト内検索

トラブル診断と修理した場合の見積金額を自動で計算します

パソコントラブル全般

SSD換装・HDD交換




トップページに戻る

お電話での修理相談 メールで修理診断