千葉県公安委員会許可 第441070002161号 株式会社ピーシーエキスパート

トラブル事例 No.88

ローカルディスク(D)ってどう使ったらいいのですか?


パソコンには通常1台のHDDが装着されています。
HDDのローカルディスク(C)はOS(Windows)やプログラムが格納されていますが、通常利用においては、写真やデータもこの領域に保存されます。
Windowsは長年の使用やウィルス感染などにより不具合に見舞われることが多いのですが、リカバリー作業によって購入時の状態に戻すことにより、機能回復する場合が多いです。
リカバリー作業はOSが格納されたローカルディスク(C)を消すことから始まりますので、大切なデータを消すことになってしまいます。
ローカルディスク(D)がある場合、そこにデータや写真を保存していれば、リカバリー作業時にこれらのデータを消さずに機能回復が可能となります。
メーカーにより考え方が違い、ローカルディスク(C)だけしかない場合もありますが、基本的な考え方はCにはOSとプログラムDにはデータ保存の領域として利用します。

閲覧回数:1189回
解決しない時は私達におまかせください!豊富な経験を持つ熟練技術者がすばやく原因を把握しトラブルを解決します。0120-501-653 受付時間:10:00~18:00 定休日:毎週日曜・祝日

当社のおすすめサービス

デスクトップPC・液晶一体型PCの修理サービス

他店で断られたデスクトップパソコン・液晶一体型パソコンの修理もおまかせください!

古いパソコンの修理サービス

DOSマシンやWindows95マシン、制御用のファクトリーパソコンなどメーカー部品保有年数を過ぎた古いパソコンでもあきらめずに修理いたします!

天板塗装

多少のすり傷があっても、耐久性抜群のウレタン塗装により、純正をも凌ぐ光沢が得られます。

データ復旧

Windowsが起動しなくてもデータを救出することができます!

メモリ増設

パソコンにメモリを増やせばスピードアップにつながります。
サイト内検索

トラブル診断と修理した場合の見積金額を自動で計算します

パソコントラブル全般

SSD換装・HDD交換




トップページに戻る

お電話での修理相談 メールで修理診断